海外で日本の本を安く購入するには

海外に留学や仕事等で住む期間が長くなると、このネットが発達した時代でも日本の本が必要になったり、日本の活字を読みたくなったりする。

大都市であれば、日本書店も見かけ、初めて行くと取り揃えの多さが
意外に多くて嬉しくなる…値段を見るまでは。笑。

海外 日本の本

海外の日本の本屋

日本でもお馴染みの紀伊国屋

紀伊国屋世界の店舗は、こちらで。
本がキレイで日本と同質のものを求められる反面、お値段が2-3倍はちとキツイなぁ。

今や世界の本屋さんAmazonを活用

Amazonは、お客様第一。
お取引には評価がつきもので、出品者は良い評価を大事にしているので
比較的安心して注文できる。

日本Amazonで購入すれば、
万が一のトラブルも、日本語での対応となり気が楽である。

では、いよいよ海外に滞在中に、日本の本をできるだけ格安で
買う方法について書いていこう。

海外で日本の本を安く買う

そのAmazonだが、送料がざっくり決められていたり、出品者の意向によったりする。

また、アメリカ在住の場合、アメリカAmazonでも日本の本を購入できて、
送料を安く抑えられるが、本の価格自体が世界を見据えているので、必ずしも安いとは限らない。

中古や、販売数が多いものは競争しているので安いのだが、流行りモノは、2.3倍ではすまない高額なものもある。

海外 日本の本屋

こんな中で、いつもメルマガが届くある本屋サイトをふと覗いていたら、
海外にも対応しているし、送料が意外と良心的に収まっている。

それをご紹介したいと思う。

電子書店のhonto


(クリック↑でhontoへ)

hontoは、なんと
丸善、ジュンク堂、文教堂などの
有名書店と、通販や電子書籍まで
幅広く連動している、ある意味巨大書店である。

何度か注文したことがあるが、一般より早く届く
プライム会員のAmazonより早く届くことも多い。

ポントも貯まるばかりでなく、
読割50対応書籍は、紙書籍を購入後、
同じ電子書籍は、半額で買える。

そんなおもしろいサービスも持ち合わせている。

送料であるが、ちなみにSAL(サルと読む)便の場合、

エコノミー航空郵便といって追跡・保障なし。
日本からアメリカまで(1週間~2ヶ月)

500gまで 580円
1kg 1080円

私は、以前少し輸出をしていた時、よくサル便を利用していた。
50回以上使ったが、届かなかったことは一度もない。

また、1-2週間、遅くても3週間はかからなかったし、
2ヶ月というのは、クリスマスのようなビックイベントの時だ。
こんな時お急ぎは、EMS(Express便)を。

1500円ほどの本が、リアル店舗で2.3倍するとして、
お急ぎでなければ、このhontoを利用して、
本代はそのままで、送料580円なら随分お安い感があるのではないだろうか。

こちらに送料が書いてあるようです。

本の重量ばかりでなく、梱包の重さもあるので、
確実な料金は、サポートにお尋ねしてみて下さいね。

参考までに私が本を梱包する時は、
梱包として200-300gはかかっていた。

海外こそ電子書籍を利用してみる? 日本の本の場合

なんといっても一番お安いのは、電子書籍。
送料がかからず、かさばらないし、
紙書籍でなくてよければ、電子に切り替えていくのも手だね。

キンドルを海外で購入しなくても日本アマゾンで無料アプリを

また、電子書籍にはKindle機器が必ずしも必要ではない。

特に購入しなくても、
Kindleは無料でアプリ(スマホ・タブレット)を出しているので、
ググってみてね。

アマゾン 海外 日本の本

アマゾン キンドルストア

<

p style=”text-align: center;”> 

また、キンドルをパソコンでも見る方法がある。
こちらも”kindle パソコンで見る”などで検索できる。

日本アマゾン内でキンドル商品を購入した場合、
そのままアマゾン内でkindleのインストールができて連携がいいようだ。

「kindle cloud Reader」を使うのもよさそうだ。

こちらで、アマゾンのkindle無料のインストールができます。

今、お試しでキンドル書籍を0円というのがあるので
キンドルをお試ししてはどうだろう?

今、限定でドラえもん数巻や弱虫ペダル数巻も無料ゲットできるようだ。

海外のお友達に日本アニメ好きがいたら、喜ばれそう。

こちらキンドル書籍0円!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク