Rio de Janairo

リオ・デ・ジャネイロのオリンピックもそう遠くなくなってきた。
オリンピックに足を運ぶ人もそうでない人も
リオ・デ・ジャネイロにどんなワクワクが潜んで
いるのやら、一緒に冒険してみよう♪

コパカバーナビーチリオデジャネイロは世界三大美港  こちら↑は、白い砂浜が4km続くコパカバーナビーチ

 

リオデジャネイロの治安は?

以前から噂される治安の悪さだが、実際どうだろう。

私が訪れたのは、随分前の事なので、現在がどうと
語れるほどではないが、ご参考まで。

治安が悪いとはいえ、ここはどこかといえば、
世界的に有名なお祭、リオのカーニバルが行われる
まさにその、紛れもないリオである。

毎年、世界各国からあふれんばかりの観光客が訪れ、
最近ではワールドカップ、そして五輪が続こうとしている。

こんな世界的な観光地で、治安が悪くて…と
国が手放しでいれるものだろうか?!

という期待感を持ちながら、

これまたお国事情で、根こそぎごっそり懸念される
不安材料を払拭できるほどではないだろう。

 

ということは、私が行った時とさほど大改革は
起きてないとして続けよう。

まず、リオ・デ・ジャネイロの地図から。

リオ・デ・ジャネイロ地図

コンコバードの丘は、
ブラジル、リオ・デ・ジャネイロのシンボル、
キリスト像の立っている所。

南の海岸が、有名なコパカバーナとイパネマ海岸だ。

 

この間ご紹介した、
財務省からでている海外安全アプリ
今現在のリオの状況を調べると、
「十分注意して下さい」となっている。

 

まさか! 貴重品が…体験をしてしまった

一応カーニバルが見たくて、その時期(2-3月)にブラジルに入った。
が、観光客であふれるリオを避け、
カーニバルで2番目に有名な都市、
サルバドールへ出かけた。

サルバドールの宿では、オーナーに
こう言われた。

「カーニバルに参加するなら、
時計・ネックレス・ポシェット・カメラ
すべて、何も持って行っては行けません!
ジュースを飲む小銭だけね」と。
結構、キッチリ、念をおされた。

私は、金目の物じゃないけどある意味、
貴重品だからと、一品だけ持ってでたものがある。

ものの30分しないうちに、その貴重品をいれたお尻のポケットが、
それを取り出すかのように、上向きにポンと弾かれた。

貴重品という意識がなかったので何事かと思いきや
私の大事なものが、空を飛んだ。

これ以上ないほど、相手の男を睨みつけたのだが、
男の態度はこう↓。

リオのカーニバル

人混みの中、飛んだものを探すのが大変だったが、
やっと見つけたときはホッとした。

なぜなら、それは…

メイドインジャパンの日焼け止めだからだ。
照りつける日差しの下、これ必需品よね。

でも、同じ品質のものはここでは手に入らないから、
ある意味、金品より大事な貴重品。

まあ、日焼けせずにすんでよかった~。

 

その翌日は、カーニバルの中には紛れ込まず、
だいぶ感覚がわかったので、
カメラをわからないように隠し持ちつつ、
安全な居場所を転々として、外から
カーニバルを楽しんだ。

 

リオに着いたのは、カーニバルの熱が
多少残りつつも、まあほとんど観光客が
引いた後だった。笑。

当時でさえ、ガイドブックには、
スリやひったくりが多いので気をつけるように書いてあった。
あのコパカバーナビーチやイパネマビーチも
お昼のひと気のあるときにしか海岸にでないようにした。

セントロ地区という、中心街に宿をとったが、
この路地から先は、なんとなく…のような場所も極力さけた。

 

観光地での注意点として

  • 時計・アクセサリーはしない。
  • スマホ・カメラは、小さめのバックにいれて目立たせない。
  • 夕方以降は、一人では歩かない。
  • 海岸も狙われやすいので、お昼でもひと気のあるところを。
  • スキミングに気をつけ、明細はこまめにチェック。
  • 小銭は小分けにして、あちこちに分散しておく。

渡航前には、
安全アプリの安全対策基本データの
犯罪発生状況や防犯対策
読もう。(う~ん、これ読んだら
迷ってる人は行かないかもなぁ。)

 

ちなみに観光地らしき有名な都市の
すべてが「十分注意して下さい」と。

 

それでも、お隣の都市、サンパウロは
響きはいいのだが、ブラジルの中では
一番ヤバイ都市だと思う。
行かないに越したことはない。
特に是非という観光ポイントもありませんし。

スポンサードリンク



リオ・デ・ジャネイロってどういう意味?

リオデジャネイロはポルトガル語で、o Rio de Janairo
o → 男性名詞につく冠詞
Rio → 川
de   → of  (~の)
Janairo → 1月

つまり、1月の川 という意味である。

なぜ、1月の川なんだろう?

さかのぼること1502年1月1日、ポルトガルの探検家
Gaspar de Lemos(ガスパール・デ・レモス)が、

Baia de Guanabara(グアナバラ湾)にさしかかり、
これを大きな川だと勘違いして命名したようだ。

1月に発見した川で、1月の川なんだね~。


rio-36718_640
ちょうど青く入り込んでいる湾が、グアナバラ湾。

 

リオデジャネイロオリンピック時の時差は?

普段は、日本との時差がちょうど-12時間
昼と夜を入れ替えればいいから楽だね。
ホント、地球の裏側って感じ。

ところで、有名な地域サンパウロ、リオ、ブラジリア等には
サマータイムが設けられる。

10月第3日曜00:00~2月第3日曜00:00

が、オリンピックは、8月5日~21日までの
17日間なので、サマータイム適用にならず
そのまま-12時間である。

 

意外と知られていないオリンピックの事実

2016年夏季オリンピックが行われる。
しかし、南半球のここリオ・デ・ジャネイロはである。

え、いいんですか~?! はい、問題ないようです。

ちなみに南半球で夏季オリンピックが
行われたことが過去数回ある。

これらの地域は、よほど寒かったのか
1ヶ月遅れなど、日付を考慮している。

幸い、リオでは、夏季としてやっていける十分な暑さ
(暖かさ)なので、特に時期をずらすことはないようだ。

真冬に夏季オリンピックだなんて、
どんだけ暑いよブラジルくん。

まあ、過度な暑さではなく、程よい暑さだと
アスリートも競技しやすく、記録更新多発!
なんてことがあったら、おもしろいね。

リオデジャネイロへは空港から

この国際空港は、
ボサノバの創始者の名から、

アントニオ・カルロス・ジョビン国際空港

1995年、彼の死後、功績をたたえ改名。

しかし、旧名のガレオン空港と呼ばれる方が
しっくりきているらしい。

エアポートリムジンでリオ・デ・ジャネイロまで
約1時間半
8-10R$(ブラジルレアル、約400-500円)

 

 

リオデジャネイロの観光名所はここを外すな!

リオに行ったら、ここはと思えるベスト3+α
ピックアップしよう。

コンコバードのキリスト像 Christ the Redeemer statue

リオ・デ・ジャネイロのキリスト像

こちらは、先日、思わぬ視点から楽しめる
ほっこり画像を交えた記事にした。

よく見ると、キリスト像の方や頭に人が乗っているでしょ?
気、気になる? → ここをクリック(この動画にグッとせまるよ~。)
(↑ 非常に人気あり。)

 

ポン・ジ・アスーカル Pão de Açúcar

チーズのは入ったもちもちパン、
ポン・デ・ケージョはお好きですか?

ケージョ → チーズ
ポン → パン  
ポン・ジ・アスーカル

ここでは、
アスーカル → 砂糖
砂糖パンのように盛り上がっている とか
砂糖を精製する時の道具に似ているとかのようだ。

こちらは、ロープウェーで2回乗り換えて、頂上に向かう。

飛行場が近くにあるので、接近する飛行機を
間近で見れて、迫力があるようだ。

飛行機好きは、ロープウェーの中で
右側に座ったほうがよく見れる。

この島側からと、反対にキリスト像を含めた絶景が
楽しめるが、天気が良くないと景色どころでは
ないようなので、天候を見極めてね。

また、夕方から刻々と変わる夜景をみながら
のんびりと過ごす時間は至福の時を味わえるとか。

(↑これ、おひとりさまじゃないほうが…。笑)

リオの治安

 

幻想図書館 REAL GABINETE PORTUGUÊS DE LEITURA

借りれない本が陳列してある、世にも珍しい図書館。
借りれないばかりか、触ることすらできない。
まさに幻想的! ファイナルファンタジー、ゲームの世界に迷い込んだか?!

Real Gabinete Português de Leitura

Flickr :Real Gabinete Português de Leitura by Os Rúpias

 

(おまけ) カーニバルの時期じゃなくても、カーニバルの雰囲気を楽しもう♪

せっかくリオまできたのに、カーニバルの時期じゃないなんて、残念。
でも、Platafoma のショーを観れば、かなり雰囲気味わえるよ。

色とりどりのパフォーマーが次々と現れ、見応え充分!
サンバだけでなく、バイア、カポエイラも組み合わせられていた。

後半、観光客の触れ合いの場があり、みんなどこ(国)から来てる?
と司会者。「Japan?」で思いっきり手をあげたら、ステージに呼ばれ、
坂本九の「上を向いて歩こう」を歌うはめに。

あ~、出だしは知ってるけど、それ以外ぜんぜん歌えなかったことに
気づいたときはもう遅し。もう、顔から火が出てる状態だった~。

リオのカーニバル

 

ちなみに 夜遅くなるのが、懸念されたので、ホテル近くまで
送迎付きのツアーに申し込んだ。

夕食とサンバショーがセットになっていた。

シュラスコと言って、串刺し焼き肉を次から次へと
好きなだけ切り分けてくれるブラジル料理。

それがかなりの種類あって、おそらく3日分くらいは
食べたので、もう動けないほどだった。

それに、豪華なショーを見れるので
このツアーは、是非おすすめしたい。

 

(おまけ2) ボサノバ ”イパネマの娘”が作詞されたバー(カフェ)

このイパネマの娘は、なんとビートルズ「Yesterday」についで
2番めにカバー曲が多いんだとか。
アストラッド・ジルベルトの歌で世界的に大ヒットした。

日本では小野リサさんが歌っている。

母のたばこを買うために、度々バーに遣いきていた
少女エロイーザがモデル。よほど可愛かったんだろうね♪

特に特徴があるバーではないが、
この曲が好きだった私は個人的にとても満足。

The Girl From Ipanema(イパネマの娘)

 歌:Astrud Gilberto(アストラッド・ジルベルト)

 

 

ブラジルの観光名所

そして、ここリオ・デ・ジャネイロまできたら、
もう2.3泊を何が何でもあなたのために
捻り出して下さい。

 

リオまできて、ここを訪れることなく、

日本に帰ってきてはなりませぬ!

(↑ど、どうしたこの口調)

 

それは、東京のスカイツリーを見学して、
   浦安のディズニーランドに行かないようなもの…

いやいや、見なかったら、
一生後悔するくらいの世界最大規模

 

ディズニーランドもあながち嘘じゃなく、
そのレジャーランドを実写化したような

ビッグサンダーマウンテンや
スプラッシュマウンテンばりのことを

本物の自然で体験できるばかりでなく、
その景観・規模たるや簡単に想像できるものではない。

 

さあ、その壮大なスケールの正体は↓

 

イグアスの滝

世界三大瀑布どころではない、
世界No.1の滝、イグアスの滝だ。

イグアスの滝3

アメリカのT.ルーズベルト大統領が、ご夫婦で観光。
ナイアガラと比べて、川幅2倍、水量20倍の
このイグアスの滝を見て奥様が
「My Poor Niagara! (かわいそうなナイアガラよ)」
と言い放った言葉が有名なほど。

それを知って、私はすっかりナイアガラに行く気はなくして
今だ行こうとも思っていない。

(ナイアガラは、日本のミニチュア版、
鍋ヶ滝で間にあっている、今んとこ。笑。)

 

さらに、怒られるのを承知で言えば、
華厳の滝が100個以上くらい、イメージして下さい。

(↑この人の表現力、ほんと呆れるわ~。)

イグアスの滝2

 

ディズニーランドのように、
ホントは家族で楽しむのが最高だけど。

 

ブラジルとアルゼンチンサイドで
違った景色をダブルでも楽しめる。

 

もう一回言う。

イグアスの滝に行く計画なしで、
リオ・デ・ジャネイロに
行ってはいけませぬ(^_-)-☆

 

見る と 行く と やる は、ぜんぜん違うから。

 

ここ、治安はほかと比べてかなり良い。

 

ボサノバ・サンバ(動画)を聴きながら

アントニオ・カルロス・ジョビンやイパネマの娘で
久しぶりに聴きたくなってきたサンバ。

 

最後に、暑い夏のお供に、お時間のある方はどうぞ

4曲いろいろ選んでみた~。
どれかお好きな一曲がありますように。

Bellini – Samba De Janeiro サンバ・デ・ジャネイロ

 

Que Tengo Que Hacer – Daddy Yankee

4000万回以上再生されていた♪

 

Bitter Sweet Samba Long Ver.

(オールナイトニッポン・テーマ曲)

 

Desafinade(ジサフィナード)

初めてボサノヴァ(Bossa Nova :新しい潮流)という言葉が、歌詞で使われ、
以後、この種の音楽をボサノヴァと言うようになった。
演奏は、ボサノヴァ ギタリストの中村善郎さん。
大人っぽくて、なかなか落ち着く。

 

それでは、Ciao(チャオ!)

スポンサードリンク