リオ・コルコバードのキリスト像のホッコリ斬新動画!

Christ the Redeemer statue (Cristo Redentor)

ブラジルの像? リオデジャネイロの像? 
今やブラジルの象徴でもあるこの巨大キリスト像。

あまり見かけないとっておきの画像と映像でお届け。
特に映像は短いながら、感動モノですよ~!
今日は特に動画までお付き合いくださ~い。

ブラジルの像

世界遺産コルコバードのキリスト像

さて、ブラジルの像というだけで通じてしまうこのシンボル。
どこにおいでかと言えば、2016年オリンピックで
最も熱くなる地域リオ・デ・ジャネイロだ。

2012年に文化遺産として次の名で世界遺産に登録された。
“リオデジャネイロ:山と海との間のカリオカの景観郡”

 カリオカとは、リオデジャネイロの住民や出身者を指す言葉。

 (※ちなみに、ラモス瑠偉、ジーコはリオ出身なのでカリオカ。)

新・世界不思議

さらには、2007年7月に新・世界七不思議の
1つにも選ばれている。これは、世界遺産とは別に
一般の電話とインターネットによる投票から選ばれる。

だって、不思議だよね~。
ただでさえ、高いコルコバードの丘に
巨大なキリストの像が建っている。

建てられた理由が、1931年のブラジル独立100周年を
記念してとしか見当たらない。

ただならぬ像なので、ついフランスのモンサンミッシェルのように
神のお告げを受けてなどという逸話を期待してしまう。

コルコバードのキリスト像

キリスト像のスケールの大きさ

このお方の大きさは、

高さ 30.1m + 台座9.5m 合計 40m
左右 30m
重さ 635トン

コルコバードの丘 標高710m

像の足元に行くと、かなり見あげるだけの大きさだ。
寝転ばないとカメラに入りきらない。

リオの街中では、高いビルが邪魔しない限り、
どこからでもこのキリスト像を眺められる。

これを遠目に見て、リオに滞在している実感もわく。

鳥目線で見る超接近キリスト像

そしてお待ちかね。 今までの画像だったら、
どこかしらで見かけたことがあるかも知れない。

では、どうぞ!

かつてない!この角度からの画像

これは、飛行機からでもムリな距離だし、
ヘリから撮ったとしか思えないのだが、
鳥目線だとこんな感じかもしれない。笑。

https://twitter.com/Paisajes/status/525935176501563393/photo/1

世界一高い場所?でのトビ職が大活躍

事の始まりは、ある夜、雷が…。

キリスト像に雷

(↑クリックでこの画像をお借りした動画29秒が見れるけど、
内容はこの画像1枚だけ。)

 いよいよ本日のクライマックスはじめ。

これから、落雷して手の部分が損傷し、
修復が始まろうとしている。

(上の画像の雷が原因かは不明)

2人の作業マンが、マンホールの蓋のようなものを開けると、

リオの像の画像

そこはキリスト像の右腕の付け根、肩あたり。

キリスト像

ちょっと待った、あなたの顔とお父さま(キリスト像)の
顔の大きさを比べているわけではない。

肩を借りるとは、こういうこと…いやいや。

リオの像

えっ、頭の上にももう一人。
平気で立っているけど、この像の大きさが
いかに大きいかもよく分かる。

リオ・デ・ジャネイロのキリスト像

手の傷口の方へ歩いていく。

キリストの像 画像

手の傷口を見つけ、トントン♪ トントン♪

右下には、大勢の観光客。
左下のグリーンパラソルは、カフェでくつろぐ人々。

ブラジルの像のキリスト

そして作業中に、あろうことか携帯がなるのである。

その電話の相手は?

ブラジルのキリスト像 画像

大変お待たせしました。 さっそく動画をご覧ください。

(58秒見せ場から始まる。2分55秒で見れる)

 

わぁ~、仕事の緊急電話だと思いましたよね。

息子さんからの電話も嫌な顔をせず、

「filho (フィーリョ) 息子よ、

パパは、今話せないんだ。

パパは、キリスト像のトップにいるんだよ。」

Te amo (テ アモ) 愛してるよ。

こんなやさしいおとうさんが、
これまた巨大お父さまの傷のお手当。
傷の治りも早かったであろう。

もう一度、確認しよう。
これは、コンコバードの丘に建つ
巨大なキリスト像、約750mの手の上である。

緊張の中でのホッコリ感がなんとも言えない。
お楽しみいただけたであろうか?!

ヘルメットに黄色地に赤い文字で「Pireli(ピレリ)」
どこかで見かけたことがあると思ったら、
F1などで見かける有名なタイヤメーカー。

イタリアミラノに本社をおき、タイヤ業界では世界第5位。
映像にしてはよく撮れてると思いきや 
ピレリのサポートによる修復だったようだ。

鳥の目ならぬ、修復の手元まで詳細に撮影されているのは、
作業マンのヘルメットにつけられた、おそらく Go Pro なんだろうなぁ。


(↑アマゾンで見れる。)

(追記)先日、知人にこの話をしたら、
作業前にケータイの電源を切らないとはなんということだ!
と…私がお叱りを受けた。あ~、そっち。。。

【衝撃動画】巨大キリスト像の両手が蝶を抱きしめた!

もう一つありえない映像をご紹介!

(1分50秒で見れる。お急ぎの方1分35秒あたりから)


巨大お父さまのあの幅30mもある両手を優しくクロスさせる。

この観たこともない映像を是非ご覧あれ。

語られることのない、お父さまの目線はどこに?

グーグルマップのキリスト像(↑グーグルマップで上から見た画像。クリックでグーグルマップに飛ぶ)

Twitter投稿(かつてないこの角度からの画像)をよく見ると、
巨大お父さまは、結構下の方を向いておられるのに
お気づきであろうか。

ニューヨークの女神像は、寄贈元のフランスを見ている。

でも、こちらは、リオを見下ろすような角度でもない。

いつものうろ覚えで申し訳ないが、
目線は観光に訪れている人々に向けられていた気がする。

なんか、たしか目があってしまって、自分が試されている気が
したような。

ある種、人生の踏み絵…とも、心によぎった。

コルコバードの丘からの景色

コンコバードの丘へ行くときのご注意

最後に、
コンコバードへの丘へは登山電車に乗るが、
電車の出発間隔が意外と長い。

また、20分ほどかけてゆっくり登る。

頂上の見学では、小1時間~2時間もあれば大丈夫だが、
往復に意外と時間がかかるので、半日以上の余裕をもって
朝早くでて時間があったら、他を周るなどのスケジュール。

大きいイベントがあるときは、相当混みあう。

タクシーでも行けるそうで、5.6人いたら返って安いのだとか。

ブラジル・リオのお土産に


ハリウッドスターにも大人気のハリウッドのサンダルは、
ここブラジル生まれ。リオにもたくさん支店があるので
お土産にいかが? 

日本で買うより2~3分の1の値段で、
お安く購入できる。

日本の草履から生まれたというこのサンダル。
カラフルで素材もしっかりしている。

空港だと鼻緒にアクセントを施したりして
すでに2.3倍の観光用向け価格になっているので
時間が許せば、現地で探してみてね。

<

p style=”text-align: center;”>ハワイアナス
(↑画像クリックでハワイアナスの公式ページに行く)
 

ところで、ブラジルの首都は?
もし、リオ・デ・ジャネイロやサンパウロと答えた人。
こちらを読んでね~。

それでは、Te Amo ♪ リオ・デ・ジャネイロ♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク