ギリシャ ミコノス島 エーゲ海のダイビング

ギリシャのダイビングはミコノス島で

ギリシャ ダイビング 001

なんてったって、エーゲ海なので、
ダイビング好きには、やはり潜らずにはいられない。

ダイビングは、サントリーニ島では地理的にきつそうだし、
アテネもダイビングの雰囲気はなかった。

ギリシャのミコノス島では、
ダイビングショップが数件あるので
気に入ったところで1日ダイビングを楽しんだ。

写真は、利用したダイビングショップの車だ。

ポール・モーリアの”エーゲ海の真珠”
という音楽が有名だが、思わず、
この曲を口ずさんでみたりして
勝手に盛り上がってみる。
(なんたって、おひとりさまなんで。笑。)

潜ったら、真珠でも取ってくるマーメイドに
なった気分で。。。

と勝手に妄想が膨らむのを抑えつつ。

こんなYouTubeで
ギリシャの画像満載の動画が楽しめる
なんて考えもしなかった。

※以前、ギリシャのキレイな風景満載の動画をアップしていたが、
消されたようなので、音楽メインのこちらに入れ替えました。

さて、こちらのショップのダイビングツアーで出発。

ボートの上で、隣の女性に
“あなた、潜れるの?”のような
疑わしい眼差しを受けた気がするが
言葉が通じないのが幸い、無視。

それから、4.50分位のスポットに到着。

あった! 真珠ならぬ、天然海藻。

採ってくるわけにはいかないが、
以前ナチュラル製品系の店舗で購入して、
割りといいお値段のものだ。こんな感じ↓

2015y04m14d_141356012

【Amazon販売】シースポンジ 天然海綿スポンジ 敏感肌 赤ちゃん 洗顔(ボディ用M)

それともう一つ、! が海底に落ちていた。
かけらも多数見られ、ギリシャならではの光景。

え? お魚。 そ、そうだよね、ダイビングだものね。

あんまりいなかったなぁ。

それに、エーゲ海って、なんか紺碧というか
群青色というか、青みが深い色で、

ちょっと暗い感じがして、潜る前に
何だか怖かったなぁ。

まあ、お隣にいた女性が
どんだけ上手かと思ったら
ビギナーもいいとこで
クスっとしてしまったけど。
(ごめんね、最初にガン飛ばしてこなきゃ、
私も笑ったりしないけど。)

そろそろお気づきかもしれない…

とどのつまり、ダイビング自体は大したことなく、
他で盛り上げてみました。ごめんなさい。

せめてものお詫びに、
ここ↓はスゴイね。機会があったら行きたいところ。

ギリシャ ザキントス島 ナヴァイオビーチ

ナバホー人湾navajo-bay-590338_640

こちらは、実は、ジブリファンにはたまらない
紅の豚のポルコのアジトとしても有名なところ。

ターコイズブルーと白い砂浜のコントラストに
難破船が静かに眠る、魅惑の島でもある。

 ※赤い目印を追っていくと、ナヴァイオビーチが見えるよ☆

ナヴァイオビーチ(Navagio Beach)へ行くには

こんなきれいなところ、どんだけ遠いのかとおもいきや。

  • 日本→ギリシャ・アテネ (乗り継いで)約16時間。
  • アテネ市内 → キリ二港 (バスで)約3時間。
  • キリニ港 → ザキントス島 (フェリー)約1時間
  • ザキントス島のボルト・ヴォロミ港 → ナヴァイオビーチ (ボート)約30分

うまく乗り継げば、アテネから約半日といったところか。
アテネから夏場はツアーがでてそうですね。

※ナヴァイオビーチには船でしかいけません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク